2009年07月10日

全てが無意味だって思える

此処に居場所は無い。
誰にも叫ぶ事は出来ずに、数少ない居場所は失われている。
時の流れだとか、年齢層の変化だとか言えば聞こえも良いし理解できるけど。

……そう、誰しもが主役なんて嘘なんだ。

限られた人間が光り、残されたものは光る人間の引立て役にしかならない。
きっと俺は後者なのだろう。
いざという時に仮面を被り己を押し殺せば良い。

ただ、隠れた場所でナイフを突き刺しつづけるのはもう嫌だ。

此処に居場所がないというなら、
終焉は光る君達の前で。

残された時間は誰にも邪魔させやしない。
posted by K at 10:12| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。